読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜観光 その1

 

その日は昼頃に目を覚ました。

「海に行きたい・・・。」

それが起きてすぐに思い浮かんだ気持ちだ。

少し布団でゴロゴロしたあと準備をし

遅めの出発をした。

遅めと行ってもあらかじめ予定してどこかに行くときと

同じような時間だ。

その日に行くと決めていたとしても

ほとんどの場合起きられないので大した差はない。

電車に乗りしばらくして横須賀中央駅にたどり着いた。

以前、横須賀に聖地巡礼としてきたことがあったが

そのときは変な宗教に勧誘されたりと

とてもそれどころではなかった。

f:id:memeally:20161106171620j:plain

迷いながらもやっと三笠公園に着くとなにやら

騒がしい。どうやら祭りをやっているようだ。

f:id:memeally:20161106171549j:plain

これは好都合だ!と思いウキウキした気持ちで

金魚すくいを探してみたがあるのは食べ物ばかりで

そこまで私の興味を引くものはなかった。

がっかりだ。

仕方なく戦艦?に乗り込み気分の高揚を試みる。

中はなんとういうかまあ、好きな人にとっては

とても立派なものなんだと思う。

そんな感じだ。

f:id:memeally:20161106172012j:plain

f:id:memeally:20161106172139j:plain

 

ぐるりと一周してみるがみんな二人以上で回っている。

 

そして目当ての猿島へのフェリーに乗り込んだのだった。

端っこに座ったため途中水しぶきがしょっちゅうかかり

鼻水が出てきた。

f:id:memeally:20161106172431j:plain

ウキウキしている猿がいる島だと思っていた

私の期待は裏切られることになるのだが

それは一時間後の話だ。

無人島と聞いていたので静かで落ち着く場所なんだろう

と思っていたが観光客が多すぎて

全くこれっぽっちも落ち着かなかった。

あとちょくちょくコスプレしてる人をカメラマンが現れる。

確かに幻想的な背景だけど・・・まあいいか。

f:id:memeally:20161106172811j:plain

ここから先の写真は持病のせいで

腕が疼いてぼけてるのばかりだ。

許してやってくれ。

f:id:memeally:20161106173042j:plain

このトンネルなんかは夜に来たらきっとすごく

雰囲気が出て怖いんだろう。

だが残念ながらここは17:00には追い出されてしまう。

寒いと思い厚着してきたのがたたって

汗が止まらなかった。

 

聖なる原石

f:id:memeally:20161106173407j:plain

島を一周すると急いで涼みに砂浜へ駆け出した。

しばらく海で足だけ浸かっていると

なぜだか体が震えだしてきた。

さては何かヤバいやつに憑かれたか?

そいつを浄化するためにも私はさらに

潮水に足をつけ続けた。

海はいい、穢れた心も綺麗に洗ってくれる。

f:id:memeally:20161106173637j:plain

 

さむっっっ!

体の芯まで冷えてしまった私はことあとすぐに

帰宅して体を温めたが時すでに遅し、

風邪をひいてしまったのだった。

f:id:memeally:20161106173834j:plain

f:id:memeally:20161106173851j:plain

そろそろ背景手抜きはやめよう。

 

あと冬コミも落ちました。